So-net無料ブログ作成
検索選択
航空機体パーツ等 ブログトップ

DC-8富士号機体一部 [航空機体パーツ等]

DC-8YS-11胴体断面.jpg
ダグラスDC-8胴体断面
DOUGLAS DC-8 FUSELAGE STRUCTURE
この機種は、アメリカのダグラス社が1958(昭和33)年から生産した初期のジェット旅客機です。
この胴体断面は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この胴体上面は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この主翼端は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この胴体外板は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この前脚は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この主脚は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
 胴体材料:アルミ合金(ジュラルミン)
 機体のスピード:時速900km
 エンジン:ターボファンエンジン(7.6トン)4台
 機体全体の重さ:140トン
 旅客数:80~140席
 当機が飛行していた期間:1960~1974
 (寄贈:日本航空)

富士号飛行中.jpg

DC-8胴体.jpg

富士号胴体.jpg

DC-8胴体断面.jpg

DC-8富士号富里倉庫.jpg

富士号前脚.jpg

DC-8前脚.jpg

DC-8主翼端.jpg

YS-11胴体断面、DC-8シミュレーター用客室 [航空機体パーツ等]

DC-8シミュレーターイラスト.jpg
YS-11胴体断面
NAMC YS-11 FUSELAGE STRUCTURE
この機種は、日本航空機製造が1962(昭和37)年から182機生産した日本を代表する旅客機です。
この胴体断面構造は、日本エアシステムで国内線に使用されていた機体のものです。
このDC-8シミュレーターの胴体上部は、日本エアシステムで国内線に使用されていた機体のものです。
 胴体材料:アルミ合金(ジュラルミン)
 機体のスピード:時速400km
 エンジン:ターボプロップエンジン(2,600馬力)2台
 機体全体の重さ:24トン
 旅客数:60席
 当機が飛行していた期間:1970~1988
 (寄贈:日本エアシステム)

YS-11TDA.jpg

YS-11胴体搬入.jpg

YS-11胴体.jpg

DC-8胴体断面.jpg


YS-11CUYAWAY [航空機体パーツ等]

日本航空機製造 YS-11
NAMC YS-11 CAB CUTAWAY

この機種は、日本の日本航空機製造が1962年(昭和37年)から生産した66人乗りプロペラ旅客機です。
この機体は航空局の飛行検査に使用された機体で、外板を取り外して胴体の構造を示す展示物として改修し、当館のYS-11展に展示しました。
 スピード:時速450km
 エンジン:ターボプロップエンジン 2台(各2,700馬力)
 機体全体の重さ:23.5トン
 運べる重さ:10トン
 価格:5億7,600万円 US$1,600,000 (昭和45年当時)
 当機が飛行していた期間:1962~1982
 (寄贈 綿古里氏)

YS11-8711のコピー.jpg

YS-118711.jpg

YS-11富里倉庫.jpg

YS-11cut発見場所.jpg

YS-11cut到着.jpg

YS-11cut搬入.jpg

YS-11CUTAWAY広報写真.jpg

YS-11CUTAWAY.jpg

MU-2機首、左主翼 [航空機体パーツ等]

三菱重工 MU-2
MITSUBISHI MU-2B/F
この機種は、日本の三菱重工が1963年(昭和38年)から762機生産した7人乗りビジネス飛行機です。
この機体は、三菱重工の社有機として各種の試験飛行に使用され、B型からF型に改造されました。
 スピード:時速500km
 エンジン:ターボプロップエンジン 2台(各650馬力)
 機体全体の重さ:4.5トン
 運べる重さ:1.8トン
 当機が飛行していた期間:1965~1978
 (寄贈 三菱重工)

交博MU-2機首.jpg

交博MU-2右主翼.jpg

航空機体パーツ等 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。