So-net無料ブログ作成
展示飛行機 ブログトップ
前の10件 | -

セスナ172 [展示飛行機]

セスナ 172 スカイホーク
CESSNA MODEL 172P SKYHAWK
この機種は、アメリカのセスナ社が1956年(昭和31年)から生産した4人乗り軽飛行機です。
この機体は、1984年(昭和59年)に輸入され、館林の大西飛行場において、大洋航空により操縦訓練、空中からの放送飛行、写真撮影などに使用されました。
その後、竜ヶ崎飛行場の新中央航空で活躍しました。
 スピード:時速200km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台(5.2l 160馬力)
 機体全体の重さ:1.1トン
 運べる重さ:0.5トン
 当機が飛行していた期間:1981~2007
 (新中央航空)

セスナ3944現役.jpg

C172Ⅱ竜ヶ崎飛行場.jpg

C172Ⅱ博物館.jpg

アメリカン ヤンキー [展示飛行機]

ヤンキー.jpg
この機種は、超軽量の小型スポーツ機を取扱うアメリカのビード社の設計、原型は1963年(昭和38年)に初飛行、456機生産された2人乗りの軽飛行機です。
この機体は、千葉県茂原市の真名飛行場をベースとする京葉航空が所有していましたが、日本への輸入は1機のみです。
 スピード:時速220km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台(4リットル 108馬力)
 機体全体の重さ:0.7トン
 運べる重さ:0.2トン
 当機が飛行していた期間:1971~1976

ヤンキーと神代君のコピー.jpg

ヤンキー真名.jpg

ヤンキー真名出発.jpg

ヤンキー塗装中.jpg

ヤンキー完成.jpg
AA-1 ヤンキー
AMERICAN AVIATION AA-1 YANKEE

ヤンキー屋外展示場.jpg

ヤンキー設置移動.jpg

ヤンキー設置.jpg

ムーニー [展示飛行機]

ムーニーイラスト.jpg
ムーニー M20
MOONEY M20M TLS

この機種は、アメリカのムーニー社が1955年(昭和30年)から1万機以上生産した、高速性能に優れた4
人乗りの軽飛行機です。
この機体は、個人所有の高級機で、レジャー、訓練飛行などに使用され、展示にあたり成田空港まで最終フライ
トしました。
 スピード:時速363km
 エンジン:ガソリンエンジン1台 (8.9リットル ターボ付270馬力)
 機体全体の重さ:1.5トン
 運べる重さ:0.6トン
 当機が飛行していた期間:1992~2004
 (寄贈 久原 統三郎 氏)

01ムーニー調布.jpg

33ムーニー着陸パイロット.jpg

65ムーニーN門越のコピー.jpg

74ムーニー設置完了のコピー.jpg

ムーニー設置完了.jpg

ムーニーエンジン運転.jpg

ボナンザ [展示飛行機]

ボナンザ.jpg
この機種は、アメリカのビーチクラフト社が1959年(昭和34年)から生産した5人乗り軽飛行機です。
この機体は、宮崎県にある運輸省航空局の航空大学校で、学生の事業用免許の訓練に使用されていました。
 スピード:時速300km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台(8l 230馬力)
 機体全体の重さ:1.4トン
 運べる重さ:0.6トン
 価格:1,400万円 (昭和43年当時)
 当機が飛行していた期間:1968~1993
 (寄贈 運輸省航空局航空大学校)

ボナンザ宮崎航大.jpg

ボナンザ到着.jpg

ボナンザ組立.jpg

ボナンザ完成.jpg

ボナンザ舞台のコピー.jpg

ボナンザエンジン運転.jpgビーチ 33 ボナンザ
BEECHCRAFT C35/E33 BONANZA

ターボバロン [展示飛行機]

バロン.jpg
ビーチ ターボバロン
BEECHCRAFT TURBO BARON MAINICHI NEWS "MYOJO"

この機種は、アメリカのビーチ社が1967年(昭和42年)から生産した6人乗りビジネス飛行機です。
この機体は、毎日新聞社で取材に使用されていたもので、「明星」号と呼ばれていました。
 スピード:時速380km
 エンジン:ガソリンエンジン 2台 (各6l 380馬力 ターボ付)
 機体全体の重さ:2.7トン
 運べる重さ:1.1トン
 当機が飛行していた期間:1969~1990
 (寄贈 毎日新聞社 航空部)

バロン毎日新聞社.jpg

バロンEG運転.jpg

スーパーカブ [展示飛行機]

スーパーカブ.jpg

パイパー スーパーカブ



(寄贈:北九州市立交通科学館)

北九州のコピー.jpg

パイパー到着.jpg

パイパー完成.jpg


パイパーと格納庫.jpg

スーパーカブ.jpg

エアロコマンダー [展示飛行機]

エアロコマンダー.jpg
エアロ コマンダー 680
AERO COMMANDER 680E ASIA AIR SURVEY

この機種は、アメリカのアエロ社が1952年(昭和27年)から生産した7人乗りビジネス飛行機です。
この機体は、アジア航測で、地図を作るため地上の写真を撮影する航空測量に、無事故で活躍しました。
 スピード:時速360km
 エンジン:ガソリンエンジン 2台(各8l 320馬力)
 機体全体の重さ:3.4トン
 運べる重さ:1.4トン
 当機が撮影した写真:100万枚(新東京国際空港、本州四国連絡橋など)
 当機が飛行していた期間:1965~1995(飛行時間:1万3千時間)
 (寄贈 アジア航測㈱)


コマンダー調布.jpg

コマンダー披露式.jpg

リアジェット25 [展示飛行機]

リアジェット イラスト.jpg
リア・ジェット 25
LEAR JET 25B

この機種は、1952年にスイスで開発が始まり、アメリカのリアジェット社が'63年から2,000機近く生産した、ビジネスジェット機というカテゴリーを確立した航空機です。
この機体は、アメリカ企業が社有機として使用していたもので、展示にあたり成田空港まで最終フライトしました。
 スピード:時速850km
 エンジン:ジェットエンジン2台 (推力各13キロニュートン(約1.3トン))
 機体全体の重さ:4トン
 乗れる人数:パイロット2名、乗客8名
 当機が飛行していた期間:1975~2008
 (寄贈:株式会社成田空港美整社)

リアジェットアメリカ.jpg

リアジェット経由地アラスカ.jpg

リアジェット空港ベスト.jpg

リアジェット空港吊り上げ.jpg

リアジェット披露式ベスト.jpg

FA-200ゲートガード [展示飛行機]

FA200Y.jpg
富士重工 FA-200
FUJI FA-200 AEROSUBARU

この機種は、富士重工がアクロバット飛行に適するように設計し、1965年(昭和40年)生産を開始した4人乗りで、日本の軽飛行機の代表です。
この機体は、MASフライング・クラブの所有機で、レジャー、訓練飛行などに使用されていました。
 スピード:時速175km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台 (5.2リットル 160馬力)
 機体全体の重さ:1.1トン
 運べる重さ:0.4トン
 当機が飛行していた期間:1979~2000
 (寄贈 MASフライング・クラブ)

FA200live.jpg


FA200竜ヶ崎.jpg

FA200完成.jpg

FA200設置.jpg

FA-200北門.jpg

セスナ421 [展示飛行機]

C421.jpg
セスナ421 金星Ⅱ号
CESSNA 421 MAINICHI NEWS the "KINSEI Ⅱ"

この機種は、アメリカのセスナ社が1965年(昭和40年)から生産した10人乗りビジネス飛行機です。
この機体は、毎日新聞社で取材に使用されていたもので、「金星Ⅱ」号と呼ばれていました。
 スピード:時速380km
 エンジン:ガソリンエンジン 2台(8.5l 380馬力ターボ付き)
 機体全体の重さ:3.4トン
 運べる重さ:1.4トン
 価格:8,000万円 (昭和49年当時)
 当機が飛行していた期間:1973~1992
 (寄贈 毎日新聞社)

C421毎日新聞社.jpg

C421収納.jpg

V&AP_E-04C421組立のコピー.jpg
前の10件 | - 展示飛行機 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。