So-net無料ブログ作成

GEN H-4ヘリコプター [所有歴航空機]

GENH-4イラスト.jpg
GEN H-4リコプター
GEN H-4 HELICOPTER
この機種は、GEN社が1998年(平成10年)に初飛行した一人乗りヘリコプターで、ギネスブックに世界最小ヘリとして登録、エンジンも含めた国産機です。
この機体は、2004年から自作航空機用の組立キットとし販売、操縦訓練に使用されています。
 スピード:時速10km
 エンジン:ガソリンエンジン 4台一組 (0.5ℓ、30馬力)
 機体全体の重さ:75kg
 運べる重さ:85kg
 販売価格 ¥3,600,000-
 当機が飛行していた期間:1998~2005
             (寄贈 平賀 源内 氏)

GEN H-4日パンフ写真.jpg

GEN桜祭飛行のコピー.jpg

GEN050410搭乗桜2.jpg

GENH-4搬入20051126.jpg

GENH-4館内展示.jpg

GENH-4.jpg

GENH-4成田空港.jpg






ベル206ヘリ胴体部分 [収納航空機パーツ等]

ベル 206ヘリコプター
BELL MODEL 206B HELICOPTER
この機種は、アメリカのベル社が19  年(昭和  年)から生産した 人乗りヘリコプターです。
この機体は、鹿児島国際航空で農薬散布などに使用されていました。
 スピード:時速   km
 エンジン:ガスタービンエンジン 1台 (馬力)
 機体全体の重さ: . トン
 運べる重さ:0. トン
 当機が飛行していた期間:19  ~19  
 (寄贈 航空保険プール(鹿児島国際航空))

ベル206鹿児島①.jpg

ベル206鹿児島⑤輸送.jpg

ベル206鹿児島③輸送.jpg

ベル206尾部.jpg

ベル206収納.jpg


DC-8富士号機体一部 [航空機体パーツ等]

DC-8YS-11胴体断面.jpg
ダグラスDC-8胴体断面
DOUGLAS DC-8 FUSELAGE STRUCTURE
この機種は、アメリカのダグラス社が1958(昭和33)年から生産した初期のジェット旅客機です。
この胴体断面は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この胴体上面は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この主翼端は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この胴体外板は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この前脚は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
この主脚は、日本航空が昭和35年から使用したジェット旅客機1号機「富士号」のものです。
 胴体材料:アルミ合金(ジュラルミン)
 機体のスピード:時速900km
 エンジン:ターボファンエンジン(7.6トン)4台
 機体全体の重さ:140トン
 旅客数:80~140席
 当機が飛行していた期間:1960~1974
 (寄贈:日本航空)

富士号飛行中.jpg

DC-8胴体.jpg

富士号胴体.jpg

DC-8胴体断面.jpg

DC-8富士号富里倉庫.jpg

富士号前脚.jpg

DC-8前脚.jpg

DC-8主翼端.jpg

YS-11胴体断面、DC-8シミュレーター用客室 [航空機体パーツ等]

DC-8シミュレーターイラスト.jpg
YS-11胴体断面
NAMC YS-11 FUSELAGE STRUCTURE
この機種は、日本航空機製造が1962(昭和37)年から182機生産した日本を代表する旅客機です。
この胴体断面構造は、日本エアシステムで国内線に使用されていた機体のものです。
このDC-8シミュレーターの胴体上部は、日本エアシステムで国内線に使用されていた機体のものです。
 胴体材料:アルミ合金(ジュラルミン)
 機体のスピード:時速400km
 エンジン:ターボプロップエンジン(2,600馬力)2台
 機体全体の重さ:24トン
 旅客数:60席
 当機が飛行していた期間:1970~1988
 (寄贈:日本エアシステム)

YS-11TDA.jpg

YS-11胴体搬入.jpg

YS-11胴体.jpg

DC-8胴体断面.jpg


セスナ172 [展示飛行機]

セスナ 172 スカイホーク
CESSNA MODEL 172P SKYHAWK
この機種は、アメリカのセスナ社が1956年(昭和31年)から生産した4人乗り軽飛行機です。
この機体は、1984年(昭和59年)に輸入され、館林の大西飛行場において、大洋航空により操縦訓練、空中からの放送飛行、写真撮影などに使用されました。
その後、竜ヶ崎飛行場の新中央航空で活躍しました。
 スピード:時速200km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台(5.2l 160馬力)
 機体全体の重さ:1.1トン
 運べる重さ:0.5トン
 当機が飛行していた期間:1981~2007
 (新中央航空)

セスナ3944現役.jpg

C172Ⅱ竜ヶ崎飛行場.jpg

C172Ⅱ博物館.jpg

セスナ172胴体前半 [収納航空機パーツ等]

セスナ 172 
CESSNA MODEL 172G RAM

この機種は、アメリカのセスナ社が1956年(昭和31年)から生産した4人乗り軽飛行機で、性能を向上させるためにエンジンを交換しています。
この機体は、操縦訓練、遊覧飛行、写真撮影などに使用されていました。
 スピード:時速190km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台(5.2l 160馬力)
 機体全体の重さ:1.1トン
 運べる重さ:0.5トン
 当機が飛行していた期間:1966~1995
 (協力 新中央航空)

セスナ3316.jpg

C172写真3316.jpg

V&AP_D-09C175EG整備台_tn.jpg

セスナ172機首.jpg

セスナ150 [収納飛行機]

セスナ150イラスト.jpg

C150展示コクピット.jpg
セスナ 150
CESSNA MODEL 150H
この機種は、アメリカのセスナ社が1957年(昭和32年)から生産した2人乗り軽飛行機です。
この機体は、操縦訓練や遊覧飛行などに使用されていたものです。胴体後部を切り離し、内部が見えます。
 スピード:時速150km
 エンジン:ガソリンエンジン 1台(4l 100馬力)
 機体全体の重さ:0.7トン
 運べる重さ:0.3トン
 当機が飛行していた期間:1968~1988

セスナ150購入時.jpg

C150設置.jpg

セスナ150設置.jpg

C150展示.jpg

セスナ150展示中.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。